Loading

原 由子
「MOTHER」以来、31年ぶりのオリジナルアルバム
「婦人の肖像(Portrait of a Lady)」
10月19日(水)リリース!

原 由子

SCROLL

イントロダクション

ヤバイよ、“原 由子”てえ奴は。

言わずもがなサザンオールスターズの紅一点。キーボーディストであり、ボーカル・コーラス・アレンジなども幅広く担当し、バンドの音楽的かつ精神的支柱である原 由子が、1991年発表の『MOTHER』以来、実に31年ぶりのオリジナルアルバムを10月19日(水)にリリースすることが決定。

最新情報

リリース情報

    • 完全生産限定盤A / B
    • 通常盤 / アナログ盤
  • オリジナルアルバム婦人の肖像
    (Portrait of a Lady)

  • 2022年10月19日(水)発売

  • 収録曲
    1. 千の扉~Thousand Doors

      • NHK「みんなのうた」2022年10~11月新曲

      • 作詞 森 雪之丞 / 作曲 原 由子

      • 歌詞を見る
    2. オモタイキズナ

    3. Good Times~あの空は何を語る

    4. 旅情

    5. スローハンドに抱かれて (Oh Love!!)

    6. ぐでたま行進曲

      • Netflixシリーズ「ぐでたま ~母をたずねてどんくらい~」主題歌

      • 作詞・作曲 原 由子

      • 歌詞を見る
    7. 夜の訪問者

    8. ヤバいね愛てえ奴は

      • NHK総合 ドラマ10「プリズム」主題歌

      • 作詞 桑田佳祐 / 作曲 桑田佳祐

      • 歌詞を見る
    9. 鎌倉 On The Beach

      • ユニクロ「スフレヤーンニット」TVCMソング

      • 作詞 原 由子 & 桑田佳祐 / 作曲 原 由子

      • 歌詞を見る
    10. 初恋のメロディ

  • 完全生産限定盤特典 プレミアムディスク
    (Blu-ray / DVD)
    「Harvest」

    原 由子のソロキャリア初となる映像作品集「Harvest」。
    1987年に発表したシングル「あじさいのうた」から2010年に発表した企画アルバム『ハラッド』収録の「京都物語」まで、これまで制作してきた、WEB上にも公開されていない貴重なミュージックビデオ、全11曲を初作品化。
    さらにボーナストラックとして、2010年に鎌倉芸術館で開催された原 由子のソロライブ「はらばんライブ Live at鎌倉芸術館 2010.07.04」 より、3曲のライブパフォーマンス映像を収録。

    MUSIC VIDEO 収録内容
    1. あじさいのうた

    2. ガール(GIRL)

    3. ためいきのベルが鳴るとき

    4. 愛して愛して愛しちゃったのよ

    5. じんじん

    6. 涙の天使に微笑みを

    7. 太陽は泣いている

    8. 東京タムレ

    9. 夢見るアニバーサリー

    10. 夢をアリガトウ

    11. 京都物語

    <Bonus Track>
    はらばんライブ Live at 鎌倉芸術館 2010.07.04
    • いちょう並木のセレナーデ

    • ハートせつなく

    • 恋は、ご多忙申し上げます

  • CD共通ブックレット掲載エッセイ「婦人の肖像(Portrait of a Lady)あとがき」

    CDブックレットには、アルバム制作に取りかかるにあたってのきっかけや、制作過程秘話、収録楽曲の一曲一曲について、原 由子自身が想いを込めて執筆した“あとがき”を収録。ぜひ、アルバムと併せてお楽しみください。

    • 完全生産限定盤 (VIZL-2110/VIZL-2111)、および通常盤(VICL-65730)のCDブックレットに掲載されます。アナログ盤(VIJL-60290)には掲載されませんのでご注意ください。

    「婦人の肖像 (Portrait of a Lady) あとがき」より一部抜粋

    〜思えば、以前のソロの作品では子育て中だった事もあり、歌に専念させて頂く事が多かった。アレンジも含めプロデュースして頂く事がとても新鮮でもあり、勉強になると感じていたが、今回の作品ではサザンの一員として44年間培ってきた曲作りやアレンジのノウハウを活かし、アレンジャーとしての私も表現したいと思った。イントロやリフ、ストリングスやブラスのフレーズを考えるのも好きなのだ。

    〜「鎌倉 On The Beach」
    「鎌倉物語」(1985年に発表したサザンの曲)の頃、恋をしていた世代にとっての続編のような気持ちで。鎌倉は子供の頃から色々とご縁があり大好きな街。

  • W購入特典

    スペシャルブックレット
    『これからも、お互い元気に頑張りましょう!!』

    10月19日に発売される原 由子のアルバム『婦人の肖像 (Portrait of a Lady)』と、11月23日に発売される桑田佳祐のベストアルバム『いつも何処かで』の2作品をご購入の方に、W購入キャンペーンとして スペシャルブックレット『これからも、お互い元気に頑張りましょう!!』をご応募いただいた方全員にプレゼントします。
    このブックレットには、桑田佳祐が『婦人の肖像 (Portrait of a Lady)』について語るインタビューと、原 由子が『いつも何処かで』について語るインタビュー、2本の掲載を予定しています。

    スペシャルブックレット『これからも、お互い元気に頑張りましょう!!』より 
    原 由子インタビュー抜粋

    Q. 桑田さんのソロ活動全般にどんな印象をお持ちでしょうか。サザンとの違いなどもありましたら、教えていただけますでしょうか。

    原:より自由に私的に音楽表現を楽しんでいるように思います。それだけにその時々の桑田の精神状態でしたり、時代背景が思い出されますね。素晴らしいミュージシャンの方々との出会いもあって、刺激され新しい扉を次々に開けて、切なくも自由奔放に歌うソロ作品が大好きです。

    Q.最新曲「なぎさホテル」は、60年代ポップと80年代シンセロックの融合が印象的な楽曲です。逗子が舞台でもありますが、楽曲を聴いてどのように思いましたか?

    原:「なぎさホテル」を聴いて、あの頃逗子海岸に佇んでいた逗子なぎさホテルを懐かしく思い出しました。70~80年代、ホテルの前の国道をよく通ったので、その頃伊集院静先生作の「なぎさホテル」のような物語があの場所で繰り広げられていたのかと感慨深いです。曲の「なぎさホテル」は小説の内容に不思議とシンクロするように、とてもロマンチックなラブソングになったと思います。イントロのギターから曲の世界に引き込まれますし、桑田の歌は勿論、アレンジも秀逸な曲。この曲が35周年のベストアルバム『いつも何処かで』に収録されている事は、とても意義があるし、これからも桑田の音楽の世界がより深く自由にロマンチックに続いていくと予感させてくれる曲だと思います。

    対象商品
    1. ①原 由子「婦人の肖像 (Portrait of a Lady)」(完全生産限定盤A VIZL-2110/完全生産限定盤 B VIZL-2111/通常盤 VICL-65730/アナログ盤 VIJL-60290)

    2. ②桑田佳祐「いつも何処かで」(完全生産限定盤A VIZL-2600/完全生産限定盤 B VIZL-2601/ 完全生産限定盤 C VIZL-2602/ 完全生産限定盤 D VIZL-2603/通常盤 VICL-67200~1)

    • 対象商品の初回生産分のみに“応募用ID”が封入されています。

    • ① / ②それぞれの“応募用ID”2種類で一口となります。なお“応募用ID”は一度のみ使用可となり、複数回の使用はできません。

    • 応募方法および詳細は、封入チラシの記載をご確認ください。

    応募締め切り

    2022年12月18日(日) 23:59

  • 先着予約・購入特典

    全国CDショップ、オンラインショップにて10月19日発売の原 由子オリジナルアルバム『婦人の肖像(Portrait of a Lady)』(VIZL-2110, VIZL-2111, VICL-65730, VIJL-60290)をご予約・ご購入の方に先着でオリジナルステッカーをプレゼント致します。
    こちらの特典は無くなり次第終了となりますので、お早めにご予約ください。

    • 各店共通デザインとなります。

    • 一部お取扱いの無い店舗もございますので、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせください。

    • 全形態共通となります。

  • クリムトの絵画から着想を得て名付けられた今作のタイトルは『婦人の肖像(Portrait of a Lady)』。
    スタジオでの制作作業が始まったのは、コロナ禍真っ只中の2021年7月。44年の音楽キャリアを共に生き抜いてきた“戦友”そして“楽友”である桑田佳祐による全面バックアップのもと、柔軟で彩り豊かな音楽性と、野心的で実験的なサウンドメイクに磨きがかけられ、穏やかで柔らかな“原 由子”のパブリックイメージを大胆に刷新した作品となった。これまでに発表してきた3作のオリジナルアルバムでは、ミュージシャンとして、その時代毎の“原 由子像”を表現してきたが、約1年の時をかけて生み出された本作の先に見えたものは、ミュージシャンとしても人間としても更に円熟味を増した原 由子の姿だった。それはまさに、見栄も虚勢もなく、あるがままに現代(いま)を生きる“婦人の肖像”なのである。
    音楽人として、そして目まぐるしく移ろう社会を渡り歩き、時代と闘ってきたひとりの女性として、ただひたすらに音楽と向き合い発露した彼女の“本懐”がこのアルバムには色濃く表現されている。

    不穏な世界情勢を憂い
    我々が生きる現代社会の平和と若者たちの明るい未来を願う。
    時に悪魔へと変貌を遂げる人の恐ろしさを
    人生に欠かすことの出来ない音楽と故郷への愛を
    そして、愛する者への想いを本作で原 由子は歌っている。

    間違いなくヤバイよ、このアルバムは。そして、“原 由子”てえ奴は。

ミュージックビデオ

配信情報

  • 先行配信鎌倉 On The Beach

  • (ユニクロ「スフレヤーンニット」TVCMソング)

  • 2022年9月30日(金)配信

  • 作曲を原 由子、作詞を原 由子・桑田佳祐が担当したこの曲は、原 由子がボーカルを務めたサザンオールスターズ「鎌倉物語」(アルバム『KAMAKURA』収録/1985年)の続編のようなイメージを意識して制作した楽曲。古都・鎌倉の光と影が織りなす世界観が大好きだと言う原が、「鎌倉物語」発表当時、恋をしていた若者たちが時を経て成熟し大人になった世界を描いている。円熟味を増した原の音楽的な魅力が凝縮された、『婦人の肖像 (Portrait of a Lady)』の核を成すポップナンバー。

  • 先行配信ヤバいね愛てえ奴は

  • (NHK総合 ドラマ10「プリズム」主題歌)

  • 2022年8月17日(水)配信

  • 頭に浮かんだ情景をそのまま言葉にしていくように制作されたこの曲は、あたたかくシンプルな響きを持ったアコースティックギターや弦楽器の音色によって優しく、どこかミステリアスな雰囲気を漂わせる。愛への気付きを歌いながら、時には心の原風景を、時にはあの日いた土地の匂いを記憶の底から呼び起こすかのような、まさしく新しい「原 由子」を体現した、心揺さぶる情感豊かなアコースティックナンバー。

コメント

私にとって31年ぶりとなるオリジナルアルバム「婦人の肖像(Portrait of a Lady)」が完成しました。

昨年の夏より、今まで作り温めて来た曲のモチーフや現在の気持ちを反映させた曲をまとめておこうとレコーディングに入りましたが、レコーディングが進む内に、曲作りや、アレンジ、そして演奏し歌う事の楽しさに改めて気づかされ、桑田からも背中を押して貰って、気づけば全10曲のアルバムとなりました。

コロナ禍でのレコーディング、また世界情勢も変わり不安が多くなる中で、改めて幼少期より様々な音楽に触れ励まされてきた事、今なお音楽活動を続けていられる事の有難さを実感しました。

次の世代にも音楽の素晴らしさが伝わりますように、そして自由に音楽を聴ける平和な世の中が続く事を願いながら、このアルバムをお届けします。
十曲十色の世界を楽しんで頂けましたら幸いです。

原 由子

ライブ情報

2023年春、13年ぶりに原 由子のソロワンマンライブ2daysを開催決定!!
  • 日程:2023年3月6日(月)、7日(火)

  • 場所:鎌倉芸術館

  • チケット等の公演詳細は後日発表いたします。

原 由子 ソロワークス

「鎌倉 On The Beach」歌詞

SCROLL

「ヤバいね愛てえ奴は」歌詞

SCROLL